胸を大きくさせる究極のバストケア(1)【正しい下着選び編】

胸を大きくさせる究極のバストケア(1)
【正しい下着選び編】

「バストが小さい………」このようなコンプレックスを抱える女性が少なくありません。中には「自分の胸は、一生、大きくならないんだ……」とまで思い込んでいる女性もいますが、正しいバストケアを行えば、胸を大きくさせることができます。

胸を大きくさせるバストケアには、

(1)下着の知識を正しく知り、身につける
(2)バストアップ・マッサージ
(3)バストアップ・エクササイズ

以上の3つの方法があります。

今回は「胸を大きくさせる究極のバストケア(1)【正しい下着選び編】」と題して「下着の知識を正しく知り、身につける」についてご紹介します。上記、胸を大きくさせるバストケアにおける3つの方法のうち、今回の「下着によるバストケア」が実は最も重要です。

下着によるバストケアのポイントは以下の通り。

1.サイズの合った下着を身につける 
2.正しい着け方で着用する 
3.補整力のある下着を選ぶ

この3つは特に大切なポイントですので、しっかりと押さえておきましょう。



1.サイズの合った下着を身につける

胸を大きくさせる究極のバストケア(3)【エクササイズ編】

「最後に下着のサイズを測ったのは10年前」。そんな女性もいますが、これではいけません。バストの大きさは、女性ホルモンの分泌量の変化により、頻繁に変わるといわれています。個人差はありますが、生理の前と生理の後で1カップも下着のサイズが変わってしまう人も。また、女性ホルモンの分泌量は、失恋や職場の人間関係の悩みなど、精神的な影響も受けるため、ネガティブな出来事に遭遇したことで「バストサイズが1カップから2カップも小さくなってしまった」という報告もよく聞きます。

さらに、夏は皮膚が膨張し、冬は収縮するため、季節によるサイズの変化も避けられません。できれば、3か月ごとにバストサイズを測り直し、サイズの合った下着を身につけましょう。



2.正しい着け方で着用する

胸を大きくさせる究極のバストケア(3)【エクササイズ編】

「ストラップに両手をくぐらせてホックを留めて終わり!」という合計3秒ほどの着け方をしているという人も多いですが、これはNGです。

正しい着け方は、まずは前でホックを留めて後ろに回します。次にバストの位置を合わせ、後ろが前より上がっていないことを確認しましょう(バスト位置は頭2つ分くらいが目安)。

次に、ストラップの長さを調節しましょう。ストラップの長さについては、肩のところに指一本が入る隙間がある程度が適切です。最後にバストメイクをしましょう。左の胸は、反対側の手を左側のカップの中に入れ、背中までもっていき、背中と脇のお肉をカップの中に入れ込みます。右の胸も同じように。



3.補整力のある下着を選ぶ

胸を大きくさせる究極のバストケア(3)【エクササイズ編】

「見た目のデザインがかわいいから」といった理由で下着を選んでいませんか?どんなにかわいくても、バストをつぶしてしまうような機能性とファッション性が両立していない下着が多く出回っていますので、注意が必要です。きちんとした補整力のある下着を選びましょう。

なお、胸を大きくさせるには、補整力のあるブラジャーだけでなく、ウエストシェイパーや、ボディシェイパー、ボディスーツなど、バスト周辺の補整下着を合わせて着用することで、より高い効果を期待できます。それは、バスト周辺の補整下着を身につけてボディメイクをすることで、カップに入れ込んだ背中・脇のお肉を中に留めておくことができるからです。



サイズの合った補整力のある下着を正しく着用しよう!

胸を大きくさせるには、3か月ごとにサイズを測定し、サイズの合った補整力のある下着を選んで正しく着用することが必要ですが、「ローマは一日にしてならず」です。毎日、継続して行いましょう。次回は、バストアップ・マッサージの方法を学び、さらなるバストアップを目指します。

青山まり

下着研究家

「女性の生き方と下着」をテーマに活動し、消費者の立場で下着に関しての研究を重ね、バストアップ・エクササイズやバストアップ・マッサージなどを開発。新聞、雑誌、ウェブなどの執筆、監修のほか、講演やセミナー、テレビ出演も多数。著書に『ブラの本』(サンマーク出版)、『着るだけダイエット』(東邦出版)など。
■HP:http://mariaoyama.sakura.ne.jp/